THE推理

〜新章2009〜

SIMPLE DSシリーズ Vol.47

 

一言レビュー

プレイ時間が短すぎる

 

グラフィック 6点
シナリオ 7点
ボリューム 2点
快適さ 6点
満足度 6点
総プレイ時間 3時間
総合評価 52点

 

 

シリーズものになっている「THE 推理」シリーズ新作です。

ボイスはほぼなしで、全部で20話。

テンポ良く進むストーリーは突っ込みどころがあるのですが、

魅力のあるキャラクター達がそれを引き立てているのは相変わらずですね。

とにかくキャラクターが魅力的。

この人誰? という再登場キャラはまずいません。

パロディキャラも多いですが。

 

ストーリーは実にシンプルで、提示される証拠写真等を見て、

気になるポイントをチェックしていくタイプ。

といっても推理というよりは、アドベンチャーに近く、

気になるポイントのメッセージを読み、

時折ある選択肢を正しく答えるだけであり、

よくメッセージを読んでいれば答えはそこにありますし、

実は推理を間違っても違うといわれるだけで、ペナルティはありません。

また、こちらが推理するというより、

正しい選択肢を選ぶだけで勝手に推理してくれるために、

推理という感覚はほぼ皆無です。

シリーズ通してここは同じですので、

推理を期待しては絶対にいけません。

 

これは前から続投なのですが、後日談があるのはこの作品の良いポイント。

今回は1話ごとに後日談がオープンするようになっています。

ここは良い改良点ですね。

お話が終わった直後に後日談を見にいけるので、

楽しく会話を見ることが出来ました。

 

と、とりあえず良いところを書きましたが、最大の難点がボリュームです。

DSでも真っ青な3時間。

これほど短い時間のゲームを始めてやりました。

最初の10話位は1話5分ぐらいという脅威のボリュームのなさです。

せめて1〜5話位が10分、5〜15話位が20分、

16〜20話が30分ぐらいのボリュームは欲しかったですね。

 

 

システムですが、悪い目です。

まずセーブなのですが、いつでもセーブできません。

会話中はほぼセーブできず、

捜査画面でセーブ可能になっています。

中断セーブもありませんし、携帯機としては致命的なシステムですね。

実にお粗末なセーブシステムだと思います。

 

 

スキップが一応付いてはいるのですが、

A、B、Xのどれかのボタンを押し続けなければならず、

また速度も非常に遅いです。

まあ、これに関しては幾度もプレイするタイプでないということで

妥協も出来ますが、自動メッセージ送りがないのはそろそろ辛いですね。

メッセージ履歴があるのがせめてもの救いでしょうか。

とにかくあっちもこっちも不自由なシステムです。

複雑なことをするゲームではありませんので、

そろそろ改善して欲しいですね。

 

 

次にグラフィックです。

グラフィックのレベルですが、DSとしては低い目〜普通ですね。

人物の作画はそこそこ標準レベルなのですが、

捜査中の写真の塗りがかなりシンプルです。

ただ、捜査画面はあまり複雑な塗りをされると

どこをポイントしていいかわからなくなりますので、

これはこれでいいかもしれませんが、それにしてもかなり大雑把ですね。

支点がちょっとおかしいビル群などもありますし。

 

ただ、キャラクターの描き分けはきっちりと出来ており、

主要キャラクターや準レギュラーキャラクターは

特徴を掴んで被らないように上手に描かれていると思います。

ですが、シリーズでずっと使いまわしているので、

そろそろ主要キャラクターの立ち絵の

バリエーションを増やして欲しいです。

 

 

プレイ時間は全部で3時間。

あっという間に終わります。

驚異的なボリュームのなさは

いくらDSのシンプルシリーズだとしても短すぎます。

6〜7時間ほどは最低限欲しかった。

また、システム的に欠点が多数見受けられるのも難点です。

シリーズを重ねてきているのですから、そろそろ改善を図って欲しいところ。

ですが、相変わらず魅力的なキャラクター達の会話は楽しいです。

 

ストーリー的にとても推理とはいえませんし、

何しろこのボリュームでは新規の方にはとてもお勧めできません。

シリーズのファンならば…といったところですが、

このボリュームではちょっと損をしますね。

残念な作品でした。



HOME    BACK

inserted by FC2 system